1. 企業情報
  2. コーポレートガバナンス(企業統治)

コーポレート・ガバナンス(企業統治)

“Do the right thing (正しいことを行う)”という信念のもと、P&Gは早くから強固なコーポレート・ガバナンス体制を整え、法規制を遵守し、高い倫理基準に則った公正で透明な経営を続けてきました。経営陣が自らの利益にとらわれず、会社を長期的かつ健全に成長させることに専念するようにシステムを整えています。

内部統制

明文化したポリシーと業務手順、職務の分離(セグリゲーション)、社員の慎重な採用と教育により、厳格な内部統制を行っています。P&Gの取締役会は社外取締役が大半を占めており、経営陣から独立性をもってガバナンスを実現するという自らの役割を深く理解して行動しています。

取引はすべて公認された方法で行い、財務記録については十分な信頼性を保つため、米国で一般的に認められた会計原則に則って合理的な保証ができるシステムを構築しています。また、公開すべき情報を適切かつタイムリーに報告するシステムを整えています。

監査

内部統制が正しく機能しているかは、社内外の監査によって継続的に確認しています。P&Gの監査部門は米国本社を中心とするグローバル組織で、通常業務から独立性を保ちながら、社内のあらゆる部署を監査する権限を持っています。監査は統一された厳格な基準のもと、国や地域ごとに行い、結果は米国本社のCFO(チーフ・ファイナンシャル・オフィサー)と、経営や財務に関する知識が豊富な社外監査役からなる取締役会監査委員会に直接報告されます。さらに、社外の会計監査法人が、内部統制の有効性を評価しています。

コンプライアンス

誠実で透明性のある経営を実践するのは社員であり、その基礎をなすのは企業理念です。P&Gではこの企業理念を、行動規範「ワールドワイド・ビジネス・コンダクト・マニュアル」として、社員が日々の業務の中で取るべき具体的な行動に落とし込んでいます。業務上の意思決定をすべて行動規範に基づいて行うよう、社員自らが定期的に自己診断する制度を設けています。万が一、法律や行動規範に対する違反を発見した場合に、社員がそれを匿名で会社に報告できるシステム「ヘルプライン」を導入しています。

コーポレート・ガバナンス

ワールドワイド・ビジネス・コンダクト・マニュアルに定めた項目例

製品安全性の確保、公正な取引と公正な競争、利害の衝突の開示、プライバシー保護、正確な帳簿や記録の保持、賄賂・不正行為の防止、環境保護、職場における互いの尊重、公正な雇用慣行、職場の安全と衛生の確保、上記に対する違反の報告

ワールドワイド・ビジネス・コンダクト・マニュアルはこちらからご覧いただけます[PDF file/2.45MB]