1. コーポレート・シチズンシップ
  2. 企業倫理と責任

企業倫理と責任

P&Gは世界50億人近くの人々に向けて製品とサービスをお届けしている日用消費財メーカーです。70カ国近くに事業拠点を構え、お客様に信頼いただける品質の高い製品で、市場をリードしてまいりました。世界中のお客様に長く愛され続けるためには、良き企業市民として「正しいことを行う」姿勢が不可欠です。事業の透明性を保ち、社外の皆様との協力関係を深め、人材を尊重し、社会的にも環境面でも責任ある調達を行う― 私たちが長年にわたって、こつこつと築き上げてきた取り組みが、今、皆さまからの信頼につながっていると確信しています。

P&Gグループ全社員の行動の根幹となり、共通の指針となるものが、企業理念(PVP=Purpose, Values, Principles)です。"お客様の暮らしを、毎日少しずつであっても、より有意義なものにしていこう"という、社員が共有する目標であり、企業としての成長戦略でもあります。

P&Gグループでは、どの国で働く社員もまた組織も、各国の法律と法の精神にのっとり、高い倫理基準のもとで事業を行っています。私たちは、優れたコーポレートガバナンスは、優れた株主価値を生み出すと信じています。そして経営説明責任を果たすガバナンス原則・方針・実践を維持してまいりました。企業理念に基づいたこのコミットメントが、株主の皆様にも、われわれP&Gにも利益を与えるものと考えています。