1. シチズンシップ・リポート 2017
  2. CEOメッセージ

CEOメッセージ

P&Gは、良き企業市民として、
よりよい社会へと変化を起こします。(シチズンシップ・リポート 2017 米国本社オリジナル版より抜粋)

P&G米国本社 会長、社長 兼 最高経営責任者(CEO)デビッド・S・テイラー

P&Gでは、シチズンシップ(良き企業市民としての活動)を、事業の中に組み込み、業績目標の達成を目指しながら、同時にシチズンシップ活動も展開してまいりました。このたび、2017年度シチズンシップ・リポートを発行し、製品ブランドを通じて、社員を通じて、事業を通じて、またビジネスパートナーの皆様との協働を通じて、"世界中の人々の暮らしをよりよいものにする"ために行ってきた活動をご報告しています。

P&Gは、日々"良き力"となり、"成長への力"を発揮すべく努力しています。シチズンシップ活動の5つの重点エリアである、企業倫理と責任、社会貢献、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容と活用)、性別による差別の排除、環境サステナビリティにおいて、全てのステークホルダーの皆さまに良き影響をもたらすことが、私たちの願いです。

P&Gは何十年もの間、環境サステナビリティに率先して取り組んでまいりました。エネルギー、輸送、廃棄物、水に関して、2020年の達成を目指していた目標を前倒しで達成するなど、力強い実績をあげています。そして今後も、これらの分野でイノベーションを続けていくとコミットしています。例えば、浜辺に漂着したプラスチックごみから作った初めての再生プラスチックボトルのシャンプーを、テラサイクル社、スエズ社との協働により、フランスで発売しました。最近では、プラスチックのリサイクル業界に変革を起こしうる画期的なテクノロジーに関して、ピュアサイクル社と協働を始めました。このテクノロジーは、一度使ったポリプロピレンを、バージン材並みの品質で再生できるため、大きな需要がありながら、これまで市場に十分出回っていなかった高品質の再生プラスチックについて、十分に供給できる可能性を開きました。

私たちは世界中のコミュニティに対して、社員の力、製品ブランド、社外パートナーとの協働を通じて、"安心で快適な暮らし"と"健康と衛生"を提供しています。例えば、衣料用洗剤ブランド「タイド」は被災地でお洗濯代行サービスを提供する「Tide Loads of Hope」活動を行い、全社的な活動である「安全な飲み水を 世界中の子どもへ」プログラムによって累計120億リットルの安全な飲み水を世界中で提供し、「パンパース」はユニセフと協働し約20カ国で新生児破傷風の根絶を目指しています。

社員に関しては、多様性を十分に活かすことが、ビジネスを成功に導くと考えており、一人ひとりを尊重し、能力をフルに発揮できるようサポートしています。ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容と活用)をより強力に推進するため、約300社とともに「CEO Action for Diversity & Inclusion」に加わりました。この団体は3つのキーエリアとして、対話を生む信頼できる職場環境、誰もが無意識に持っている偏見への理解、成功・失敗例の共有と学びを掲げています。この活動は、私たち会員企業だけでなく、社会全体にとっても重要だと考えています。多様な人材が集まり、最高の知恵とアイデアとパフォーマンスを出し合える環境ができれば、ビジネス成長を促す、より多くのアイデアが実現するでしょう。この活動が意義があるものである証として、ヒューマン・ライツ・キャンペーン財団の企業平等指数で、4年連続となる満点をいただきました。

性別による偏見をなくし、誰もが平等に意見を述べることができる社会 ― 私たちは社内のみならず、誰にとってもよりよい世界をつくりたいと心から願っています。世界でも指折りの広告主として、アリエールの#SharetheLoad、オールウェイズの#LikeAGirlといったキャンペーンを通じて、社会に変化を与える議論を起こしてきました。2017年は国際女性デーにあわせて、#WeSeeEqualという動画を配信し、人々を巻き込んで偏見のない世界を促進する方法だと評価を得ています。

良き企業市民としての活動(シチズンシップ)は、企業理念に支えられています。そして、その企業理念こそが、180年にわたって我々を導いてきたP&Gの基盤です。

私はこの場を借りて、P&Gと意義あるパートナーシップを結んでいただいている、世界中の企業、NGO、政府や自治体の皆さまに感謝の意を述べたいと思います。私たちの活動は、貧困をなくし、不平等や不公正と戦い、気候変動に立ち向かう持続可能な開発目標(SDGs)とも一致しています。

私たちはこれまでの活動成果を誇らしく思う一方、5つの重点エリアそれぞれに、まだ取り組みの余地が残っていると考えています。お客さまは、自分たちが購入し使っている製品について、その背後にはどんな企業がいるのか興味をお持ちです。今買おうとしている製品は信頼できる企業が提供しているものか、知りたいと願っておられます。私たちは企業理念のもと、毎日、信頼を少しずつ積み上げてまいります。常に正しい方法で、誠実さと勝利への情熱を忘れず邁進してまいります。P&Gは常にベストをつくします。