1. イノベーション
  2. P&Gが考えるイノベーションとは

P&Gが考えるイノベーションとは

お客様の暮らしをもっと便利に、もっと快適に。その情熱がイノベーションを起こします。

「イノベーション(innovation)」とは-

単に新しい技術や製品をさす言葉ではなく、その結果、 新しい価値が生まれ、
社会や暮らしによい変化をもたらすことを意味します。

1837年に小さな石鹸・ローソク会社として誕生したP&Gを、世界をリードする消費財メーカーへと導いたもの。それは、よりよい製品と大きな価値をお客様に届けたいという情熱と、常識にとらわれず、まだ見ぬものへ果敢に挑戦する勇気でした。

このイノベーションを生み出す文化は、「すぐれた品質と価値をもつ製品とサービスで、世界中の人々によりよい暮らしを」という企業理念のもと、長年に渡り受け継がれ、社員一人ひとりに深く浸透しています。P&Gでは、全社員がイノベーター。製品開発部門の社員はもとより、どの分野でどの仕事に就いていても、お客様の価値へと結びつくイノベーションの機会を常に探しています。

P&Gのイノベーションは、お客様起点であること、定義の幅が広いことが特色です。技術主導ではなく、お客様のニーズや暮らしを深く理解し、「こんなものがほしかった」と喜んでいただける製品・サービスづくりを徹底しています。また、イノベーションは製品開発だけではなく、あらゆる場面で、いろいろな形で起こせると考えています。お客様が本当に必要なものを理解し、イノベーションの可能性を無限に広げることで、時には常識をくつがえし、生活習慣を変えるような、価値あるイノベーションができるのです。

次々とイノベーションが生まれる仕組みを備えています。

アルキメデスが浮力の原理を思いついた時、“Eureka(ユリーカ:ピンときた!)”と叫んだといわれています。しかし一人の天才の偶然のアイデアを待っていては、イノベーションを生み出し続けることはできません。そこでP&Gでは、イノベーションが自然と生まれやすい組織と文化を築くことで、全ての社員をイノベーターへと育成することに力を注ぎ、長年に渡り安定してイノベーションが生まれる体制を築いてきました。計画的かつ体系立ててイノベーションを起こし続けるための基盤として、P&Gでは次の8項目を定めています。

P&Gの8つのイノベーション基盤
  • 動機を与える企業目的と価値観
  • 勇気と人のつながりのある文化
  • 高めの目標設定
  • 一貫性と信頼性の高い業務システム
  • 選ばれた戦略
  • 実現するための組織
  • 核となる優位性
  • やる気を引き出すリーダーシップ