2017年5月

science & technology

ニオイ分子を化学的中和する「無臭化技術」柔軟剤「レノア本格消臭」

柔軟剤 レノア 製品について詳しくはブランドサイトへ

柔軟剤「レノア本格消臭」

着用中の衣類のニオイを、一日中、本格的に消臭し続ける。

2016年春に発売した柔軟剤「レノア本格消臭」。着用中の衣服のニオイを、香りでごまかすのではなく、本格的に消臭できることで好評をいただいています。その消臭力のカギとなるのが、レノア開発チームが10年かけて発見した「無臭化技術」です。

このテクノロジーの中心となる消臭成分は、ニオイ成分と化学的に反応して中和し、におわない違う物質に変えてしまう働きをします。レノア本格消臭には、この消臭成分を入れた、P&G独自テクノロジーである "消臭カプセル"を配合しました。洗濯中に消臭カプセルが衣類に付着し、衣服の着用中・使用中に繊維がこすれるたびに少しずつはじけて消臭成分を放出。ニオイ成分を化学的に中和します。徐々にカプセルがはじけるので、この本格的な消臭効果は一日中持続します。

無臭化成分にニオイ物質が近づくと無臭化成分がニオイ物質に作用して、無臭化します。この無臭化作用は衣類を着ている間一日中続きます。

本格的な無臭化技術をレノアに応用できたことで、大量にかく汗のニオイが気になる、スポーツ時を想定した「レノア本格消臭スポーツ」も生まれました。スポーツ時は普段より大量の汗をかきますが、P&Gが行った意識調査では、スポーツ中の衣服のニオイを防ぐのは難しいと思われていました。そこで「レノア本格消臭スポーツ」には、2倍のニオイの量でも、レノア本格消臭と同じレベルでの消臭力を持たせました。

豆知識 さまざまな消臭法

"消臭"の方法は、主に、化学的消臭法をはじめ、物理的消臭法(例:ニオイ成分を物理的に取り除く)、生物的消臭法(例:ニオイを生み出す菌の繁殖を抑える)、感覚的消臭法(例:違う香りでイヤなニオイを感じにくくする)の4つがあります。
レノアの「無臭化技術」は「化学的消臭法」。イヤなニオイの原因となる物質を、化学的に中和して他の物質に変化することで無臭化する技術です。

"香り"は残して消臭する―高いハードルを超えて製品化

2004年に誕生した「レノア」シリーズは、柔軟剤に洗濯物をふんわり仕上げるという従来の便益のほかに、"着ている間も衣類を防臭する"という新しい価値を提案して、柔軟剤市場を牽引してきた柔軟剤ブランドです。ニオイに関して様々なイノベーションを駆使した製品を発売する一方で、より本格的な"無臭化"の研究も長年続けていました。

化学的中和というアプローチを、柔軟剤「レノア」へ応用したのは本格消臭が初めてでした。新しいテクノロジーを、製品に取り入れるためには、実際に使う場面を想定しさまざまな側面から検討が必要です。特に難しかった点の一つが"さわやかな香り"は残しながら、イヤなニオイだけを無臭化すること。消費者調査によると、衣類を着用中も、また洗濯して干すときも"ほのかな香り"まで楽しみたいというニーズがありました。そこで、一定の化学構造を持つ物質に対してのみ中和反応をする、つまり"イヤなニオイ"が無臭化されつつ、"さわやかな香り"まで一緒に無臭化されず、ふんわり好ましく香ることが可能な香料を厳選しました。この消臭と香りのバランスの取り方は難しく、成分や配合を何度も変えて製品テストを繰り返し、消臭効果の残り度合いや、香りがどの程度感じられるかなど、最適な条件に絞り込むことができました。

バックナンバー