2014年12月

product innovations

ブラウン オーラルBプラチナ・ブラック7000(右)、ホワイト7000(左)

毎日の歯磨きは、健康な歯と歯ぐきをキープするための基本。しかし意識して磨いているつもりでも、同じ場所ばかりブラッシングしてしまう磨きグセがあったり、磨いている時間を実際に計ってみると思っていたより短かかった、という経験がある方も多いのでは?

電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」はこの秋、最上位機種のプラチナシリーズに、電動歯ブラシでは世界初となるBluetooth機能(近距離無線通信機能)を搭載。手持ちのスマートフォンにオリジナルアプリ※をダウンロードして、歯ブラシと無線でつなぐことで、歯磨き中にスマホが自分に合った正しい歯磨きをガイドしてくれたり、毎日の歯磨きデータを記録・分析してくれるユニークなスマート家電です。2014年6月にイギリスで発売、10月から日本市場にも登場し話題を呼んでいます。

※Bluetooth4.0搭載のiPhone4S以上でiOS6以上、Android4.3以上が対応。

歯磨きをはじめると、スマホ画面上で、口内を上下左右4エリアに分けて30秒ずつ順番に表示しながら歯磨きガイド。磨く場所の偏りや磨き忘れなど、気づいていなかった自分の磨きグセを目で見て把握することができます。

磨いた時間や回数などのデータは自動的に記録して、週次、月次でグラフ表示。集めたデータを分析して、磨き残しや磨きグセ改善へのアドバイスもしてくれます。

“力をいれすぎたブラッシング”は歯や歯茎を傷める原因にもなり、直したい磨きグセのひとつ。オーラルBプラチナシリーズは、ブラシを強く押し付けすぎると、スマホ画面と本体ランプで知らせてくれる上、自動的に「やわらかクリーンモード」に切り替わって歯と歯茎にやさしく磨けます。

人によって歯や歯茎の状態は異なるので、しっかりケアすべき箇所にも違いがあります。 「集中ケアプログラム」機能では、歯磨きプログラムのカスタマイズが可能。例えばかかりつけの歯科医にアドバイスをもらって、集中的に磨きたい場所などをアプリに入力することもできます。このほか、舌クリーニングやデンタルフロス、マウスウォッシュのおすすめ使用頻度やタイミングを知らせたり、ブラシの交換時期もアプリがお知らせ。歯磨き以外のオーラルケアもトータルで管理できる頼れるツールです。

バックナンバー