1. ニュース
  2. 財務リリース

財務リリース

P&Gグループ(グローバル)の財務情報(PDFファイル)

投資家向け情報(米国サイト/英語)はこちら

四半期決算
2016/17年度 第3四半期(1-3月期)
P&G、純売上高は1%減、本源的売上高は1%増
希薄化後1株当たり純利益は4%減少の0.93ドル、1株当たり中核利益は12%増加の0.96ドル
2016/17年度 第2四半期(10-12月期)
P&G、純売上高は前年並み、本源的売上高は2%増、希薄化後1株当たり純利益は157%増加の2.88ドル、1株当たり中核利益は4%増加の1.08ドル
当事業年度の本源的売上高成長率の見通しを上方修正
2016/17年度 第1四半期(7-9月期)
P&G、純売上高は前年同水準、本源的売上高は3%増、
希薄化後1株当たり純利益は5%増加し0.96ドル、1株当たり中核利益は5%増の1.03ドル
2015/16年度 通年および第4四半期(4-6月期)
第4四半期:純売上高は3%減、本源的売上高は2%増、希薄化後1株当たり純利益は283%増加し0.69ドル、1株当たり中核利益は15%減の0.79ドル
通年:純売上高は8%減、本源的売上高は1%増、希薄化後1株当たり純利益は51%増加し3.69ドル、1株当たり中核利益2%減の3.67ドル
2015/16事業年度 第3四半期(1-3月期)
本源的売上高は1%増、純売上高は7%減。
希薄化後1株当たり純利益は29%増加し0.97ドル1株当たり中核利益は3%減の0.86ドル、為替レートの影響を除くと前年と同水準
2015/16事業年度 第2四半期(10-12月期)
2016年第2四半期は、本源的売上高が2%増加、1株当たり中核利益は9%増加。
純売上高:9%減。本源的売上高:2%増。希薄化後1株当たり純利益:37%増。1株当たり中核利益:9%増。
為替レートの影響を除いた1株当たり中核利益:21%増
2015/2016年度 第1四半期(7-9月)
2016年度第1四半期は、為替レートの影響を除く1株当たり中核利益でふた桁台の成長。
1株当たり中核利益は0.98ドルとなり、為替レートの影響を除くと12%増。
中核営業利益率は270ベーシス・ポイント上昇。
2014/2015年度 通年および第4四半期(4-6月)
為替レートの影響を除いた2015事業年度の1株当たり中核利益でふた桁台の成長。
2014/2015年度 第3四半期(1-3月)
第3四半期の1株当たり中核利益が0.92ドルで、為替レートの影響を除くと10%増に。
本源的売上高(8%の為替レートの悪影響を除く)は1%増。
引き続き生産性向上目標を加速しながら上回る
アニュアルリポート(年次報告書)
2016年 アニュアル・リポート 抜粋/参考訳
株主の皆様へ ―
P&G米国本社 最高経営責任者(CEO) ご挨拶
2015年 アニュアル・リポート 抜粋/参考訳
株主の皆様へ ―
P&G米国本社 最高経営責任者(CEO) ご挨拶
2014年 アニュアル・リポート 抜粋/参考訳
株主の皆様へ ―
A.G.ラフリー 取締役会会長、社長兼最高経営責任者 ご挨拶
P&G米国本社のホームページをご覧下さい。
http://www.pginvestor.com/Cache/1500090608.PDF?O=PDF&T=&Y=&D=&FID=1500090608&iid=4004124
(英文のみ)