1. P&Gジャパン40年
  2. 暮らしを変えた―P&Gのイノベーション
  3. 1980年 高級基礎化粧品「SK-II」

暮らしを変えた―P&Gのイノベーション

1980年 高級基礎化粧品「SK-II」

暮らしが変わった!

“透明感あふれる美しい肌”を日本から世界の女性へ。「SK−Ⅱ〈ピテラ®〉※」のスキンケア革命。

世界13の国と地域で人気を博している「SK-II」は、日本生まれの高級基礎化粧品ブランド。
すべての製品ラインアップに配合されている整肌保湿成分「SK-II〈ピテラ〉®」※は、化粧品とは無縁の世界での、あるひとつの “気づき”から発見されました。


“酒造所で働く杜氏(とうじ)の手は美しい”。

1970年代、杜氏の手の美しさからインスピレーションを得た研究員が「酵母」と「発酵」に着目。当時存在した350種類もの酵母の中から、ある一つの酵母が発酵する際に、すぐれた天然うるおい成分を生み出すことを発見したのです。肌質、年齢、季節を問わず、肌本来の働きを整えてクリアな素肌に導く―整肌保湿成分「SK-II〈ピテラ®〉」の始まりでした。

基礎研究から5年の歳月を経て、1980年、最初の製品「SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス」を発売。中身のほとんどが「SK-II〈ピテラ®〉」でつくられたこの化粧水は、当時としてはたいへん高価な15,000円でした。しかし「美しくありたい」と願う女性たちの心を徐々にとらえ、30年以上が経った今も、世代を超えて愛されているロングセラーとなりました。

長年にわたって変わらぬ信頼を得てきた一方で、SK-IIは、時代に先駆けた革新を次々と形にしてきました。たとえば、「フェイシャル トリートメント マスク」。シートマスクのパイオニアとなったこの商品は、「フェイシャル トリートメント エッセンス」が発売された翌年(1981年)、「もっとピテラを感じたい」というお客様のお声から、“SK-II〈ピテラ®〉を肌にひたす”というアイデアをもとに生まれました。

その後も、美白、エイジングケアなど、女性の美しさへのあくなき願いにこたえて、最新の化粧品科学を取り入れ、SK-IIはラインアップを広げてきました。

業界の先駆けとなった「フェイシャル トリートメント マスク」(1981年) エイジングケアへの意識を高めた「サインズ トリートメント」(2000年) 新アプローチで美白の概念をぬりかえた「ホワイトニング ソース」(2003年) 白より明るいオーラ美白肌へ。女性誌による数々のベストコスメ賞を受賞した名品「セルミネーション エッセンス」(2010年)

そして、酵母が作り出す成分「SK-II〈ピテラ®〉」とその働きは、いまだ解明の途中。最新の研究が進むにつれ、今も新しい発見がある無限の可能性を秘めた成分です。

「肌が変われば気持ちが変わり、人生も変わる」と信じて、一人でも多くの女性にその効果を実感していただきたいと願ってきたSK-II。たった一本の化粧水からはじまって、今では約50種類のラインアップを誇る高級化粧品ブランドへと成長しました。これからも時代のニーズに応えながら、「美しくありたい」と願う女性たちに勇気と自信を与える存在でありつづけたいと願っています。

P&Gのイノベーション