1. ニュース
  2. トピックス

トピックス

地域交流イベントで東北支援チャリティーバザー

2013年5月掲載

P&G日本本社のある神戸市・六甲アイランドでは、毎年春に、島をあげた地域交流イベント「六甲アイランド ウェルカムフェスティバル」が開かれます。P&Gもコミュニティの一員として、今年も参加。六甲アイランド島内にお住まいの方々や、学校に通う子供たち、他の企業やお店で働く皆さんとともに交流を深めました。

今年のフェスティバルは、ゴールデンウィーク前半の4月28、29日に開かれ、島の内外からご家族連れなど約21,300万人が来場。音楽やダンスステージ、人気のB級グルメや世界各国料理などの食べ物ブース、ゲームなどでにぎわいました。

 多くのお客様にご参加いただいたチャリティーバザー


社員の子どもたちもお手伝い

子どもたちは“魚つりゲーム”に夢中

P&Gは28日、神戸本社ロビーを使って、東日本大震災の被災地を応援するチャリティーバザーを開催。募金にご協力いただいた方にP&G製品をお渡しするコーナーや、子どもたち向けに“魚つりゲーム”を行い、コミュニティの皆さんとふれあう貴重な1日をすごしました。

集まった支援金は、43万5,182円に。P&G社員寄付基金に組み入れた後、社員からの支援金とともに、被災地支援団体などへ寄付する予定です。

昨年度の支援金について

2012年も、同イベントのチャリティーバザーに多くの方々にご参加いただき、35万6,958円の支援金が集まりました。支援金は、親を失った子どもたちのための“心を癒す家”の建設、子どもたちの学習・保育支援、リハビリ支援の団体などに寄付されました。ご協力下さった皆様、本当にありがとうございました。

P&Gの東日本大震災に関する取り組み
P&Gは日々の暮らしを支える日用品を提供する企業として、大規模災害が起きた際は世界各地のP&G社員および社外パートナーと連携し、災害支援を行っています。東日本大震災に関しては「子ども支援」と「女性支援」を主なテーマに、阪神・淡路大震災に被災した自社の経験を活かして、刻々と変わる現地のニーズに合わせた活動を続けています。詳しい取り組みについては、こちらをご覧ください。