1. ニュース
  2. トピックス

トピックス

ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みが評価され
「平成28年度 東京都女性活躍推進大賞」など受賞

2017年2月掲載

多様な人材をビジネスに生かす「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容と活用)」を推進するP&Gでは、約25年にわたる数々の取り組みや社外に向けた啓発活動が評価され、「平成28年度 東京都女性活躍推進大賞」と「JAPAN WOMEN AWARD2016」を受賞しました。

平成28年度 東京都女性活躍推進大賞 産業分野で大賞に輝く


東京都が選ぶ「平成28年度 東京都女性活躍推進大賞」の「産業分野」で、P&Gは大賞を受賞しました。この賞は、全ての女性が意欲と能力に応じて、多様な生き方が選択できる社会の実現に向け、女性の活躍推進に取り組む企業・団体や個人に贈られるものです。1月18日、東京都庁で贈呈式が行われ、小池百合子都知事より表彰状と盾を受け取りました。

今回の受賞では、勤務形態を自宅以外でも柔軟に選べる“在宅勤務の進化系”「ロケーション・フリー・デー」などの社内制度が、育児や介護などの特別な理由がなくても利用できる点や「P&Gダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」の活動を通じて、広く社会に学びを還元する取り組みを行っている点が高く評価されました。

Forbes JAPAN「JAPAN WOMEN AWARD 2016」


世界有数の経済誌「Forbes JAPAN」が主催する「JAPAN WOMEN AWARD 2016」において、P&Gは企業部門で「活躍推進部門」グランプリに輝きました。また個人部門では「革新をもたらすリーダー賞」を受賞。従業員規模1000名以上の部では、123企業の中から、総合8位に入賞しました。昨年12月には、表彰式が行われました。

この賞は、1000人のキャリア女性と1000社の企業によるアンケートをもとに、意欲のある女性が働きやすい環境づくりを積極的に進めている企業と、自らを切り拓き活躍している女性が選出されました。

企業部門において、P&Gは、1990年代より経営戦略として継続的に取り組んできた女性活躍推進やダイバーシティ&インクルージョン推進の施策、社外に向けた啓発の取り組みが高く評価されました。個人部門を受賞したP&G滋賀工場長の高木琴美は、長らく男性中心だった製造現場において、日本人初となる女性工場長に就任し、育児と仕事を両立させながら高い成果を出したことが、社内外において女性活躍のロールモデルとして評価されました。