1. 企業情報
  2. 日本での事業展開
  3. P&Gの日本での歩み

P&Gの日本での歩み

1972~

1972 ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー、日本サンホーム株式会
社(第一工業製薬株式会社と旭電化工業株式会社[現 株式会社ADEKA]の共
同出資会社)、伊藤忠商事の共同出資でプロクター・アンド・ギャンブル・
サンホーム株式会社設立。
1973

プロクター・アンド・ギャンブル・サンホーム株式会社営業開始。

  粉末洗濯用洗剤「全温度チアー」発売。 イメージ
1976 液体洗剤「ボーナス」発売。
1977 赤ちゃん用紙おむつ「パンパース」発売。
1978 プロクター・アンド・ギャンブル・サンホーム株式会社が、
ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニーの100%出資になる。



1980~

1982 紙製品の明石工場(兵庫県)操業開始。
1984 関連会社5社を統合し、プロクター・アンド・ギャンブル・ファー・イースト・インクとして事業開始。 イメージ
1986 消費者・得意先向けとして、お客様相談室に通話料無料ダイヤルを導入。
  生理用ナプキン「ウィスパー」、衣類用洗剤「アリエール」発売。
1988 企業スローガン「暮らしひろがる世界の品質」導入。



1990~
1990 「環境保全に関する方針」発表。
1991 「SK-Ⅱ」(マックス ファクター・アンド・カンパニー)が
P&Gグループに加わる。
SK-Ⅱ パンテーン イメージ
  ヘアケア製品「パンテーン」発売。
1992 女性社員による「ウーマンズ・ネットワーク」発足  
1993 六甲アイランド(兵庫県神戸市)に日本本社/テクニカルセンター竣工。 イメージ
  ヘアケア製品「ヴィダルサスーン」発売。
1995 阪神・淡路大震災で日本本社ビルと明石工場が被災。
  台所用洗剤「ジョイ」発売。
1996 日本でのECR(効率的な消費者対応)の導入開始。
  積水ハウス株式会社とともに「公益信託神戸まちづくり六甲アイランド基金」を設立。
1998 布製品リフレッシャー「ファブリーズ」発売。 イメージ
1999 人事部にダイバーシティ担当を設置



2000~

2001 スキンケアブランド「イリューム」発売。 イメージイメージ
2002 柔軟剤入り洗濯用洗剤「ボールド」発売。
2003 ウエラ・アーゲー(本社ドイツ)がP&Gグループに加わる。 ウエラ
  コーポレートスローガン「暮らし感じる、変えていく P&G」導入。
2004 柔軟剤「レノア」、ヘアケア製品「ハーバルエッセンス」発売。 イメージ
  外資系企業では初めて消費者志向優良企業として
経済産業大臣表彰。
2005 「ジレット」「ブラウン」(ザ・ジレット・カンパニー)がP&Gグループに入る。 ジレット
ブラウン
2006 「きっと、もっと輝く私。」を女性支援活動スローガンに策定。
  プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社を設立し、プロクター・アンド・ギャンブル・ファー・イースト・インクの事業を譲渡。
2007 ヘアケア製品「h&s(エイチ アンド エス)」発売。

P&Gの全世界におけるサステナビリティ5カ年目標を発表。
イメージ
2009 洗濯用洗剤「さらさ」発売。 さらさ



2010~

2010 P&G全世界におけるサステナビリティに関する長期ビジョンと中期目標を発表。
2011 阪神・淡路大震災復興支援
「神戸まちづくり六甲アイランド基金」助成活動
15周年で神戸市から表彰。
2013 関西広域連合と「大規模広域災害時における救援物資の提供及び調達に関する協定」を締結。
2014 ヘアケア製品「ヘア レシピ」発売。 ヘアレシピ
2016 神戸・三宮(兵庫県)に日本本社/神戸イノベーションセンター移転
「P&Gダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足。
日本本社/神戸イノベーションセンター移転