1. サステナビリティ
  2. 「安全な飲み水を 世界中の子どもへ」
  3. P&G簡易浄水剤ってどんなもの?

P&G簡易浄水剤ってどんなもの?

4グラムの粉末で、10リットルの水を浄水できます

小袋にはいった4グラムの粉末。この中に、先進国の水道と同じ仕組みの浄水テクノロジーがぎゅっと詰まっています。P&Gの科学者が、米国疾病対策センターと共同で開発しました。使い方はいたってシンプル。10リットルの水に1袋をまぜて、ろ過し、一定時間置いておくだけなので、家庭で簡単に使えます。

浄水剤の使い方

  • ①10リットルの水に対し、浄水剤1包を入れる
  • ②5分間かき混ぜる
  • ③5分間置いておく
  • ④水中の汚濁物質が沈殿する
  • ⑤布フィルターでろ過する
  • ⑥20分置いておく(殺菌効果を待つ)
  • ⑦完成!安全な飲み水が取り出せます

土などの汚れのほか、コレラ菌などの水生バクテリアを99.99999%、A型肝炎ウイルスなどの水生ウイルスを99.99%、原虫を99.9%取り除きます。水そのものを運ぶよりも軽くかさばらないので、交通や流通網の整備ができていない地域へ届けやすいことも特長です。

“安全な飲み水”の大切さを、まず知ってもらう。だからNGOと協力します。

P&Gが社会貢献活動「安全な飲み水を 世界中の子どもへ」を広げるには、様々な課題があります。例えば、浄水剤を十分に供給できる生産体制をつくること。流通網が整っていない地域でどうやって配布するか。そもそも“汚れた飲み水が病気の一因”だと知らない人々に、安全な飲み水の大切さをどう伝えればよいのか。

1軒1軒のご家庭に浄水剤を確実に届け、衛生的な生活習慣や浄水剤の使い方をしっかり身につけていただくために、現地で活動している社会貢献団体とパートナーシップを結んでいます。セーブ・ザ・チルドレン、ワールド・ビジョン、赤十字など、今では150以上の団体の協力を得て、きめ細かな活動を展開しています。

目標は2020年までに150億リットルの水を届けること

2004年にスタートした「安全な飲み水を 世界中の子どもへ」活動を通じて、2014年度末には累計70億リットル分の水を提供し、何万人もの命を救ってきました。

私たちの新たな目標は、2020年までに累計150億リットルの安全な飲み水を提供すること。「パワー・オブ・クリーン」を活動テーマに掲げ、世界の人々の暮らしを守るお手伝いをしていきます。

2020年目標 累計150億リットルの安全な飲み水を提供