節水のすすめ

地球上の水をバケツ2杯分とすると、飲み水はスプーン1杯分

地球の表面の約7割は“海”です。こんなにたっぷり水がありますが、人間がすぐに飲める水はほんのわずか。地球上の水をバケツ2杯分(約20リットル)とすると、ほんのスプーン1杯分しかありません。*

このわずかな水を、世界中の人たちとわけあっているわけですが、世界には安全な飲み水が手に入らない人が10億人以上います。日本の人口の8倍弱にあたります。

* 参考:国土交通省「平成24年度版 日本の水資源」

家庭で使う水の量:1人1日 おふろ約2杯分

日本人1人が1日に使う水は約377リットル。*1
家庭、学校、病院、工場、公園の噴水など、いたる所で使われています。
家庭で使われるのは、そのうち約230リットル。*2
飲み水のほか、トイレ、入浴、洗濯、食器洗いなどに、1人1日あたりお風呂約2杯分の水を使っています。

  • *1 「FAO 2013 AQUASTATデータベース」より算出
  • *2 出典: 東京都水道局ホームページ

出典:平成18年度 一般家庭水使用目的別実態調査
※東京都水道局ホームページ

今日からできる 節水のすすめ

毎日使う「水」だから、少しずつ節水を意識するだけでも、大きな成果につながります。例えば、1人が1日5分間ムダづかいをやめて、50リットルの節水ができたとします。1年間では18,250リットル、10トンのタンクローリー約1.8台分を節水できることになります。今日から始められる簡単な節水のコツをご紹介します。ぜひ試してみてくださいね。

台所

  • 食器を使ったあと、汚れがこびりつく前に、すぐ洗いましょう。
  • 汚れた食器を重ねない。せっかくキレイだったお皿の裏、食器を下げるときに汚していませんか?
  • 洗剤をつけて洗っている間は、必ず水を止めましょう。
  • “二度洗い”は、水も時間ももったいないので、一度でしっかり洗いましょう。

洗濯

  • すすぎ1回もとり入れる。最近は洗濯機も洗剤もすすぎ1回で済むものが多くあります。
  • 「洗い」の時に、おふろの残り湯を活用しましょう。「すすぎ」には水道の水を使ってくださいね。

歯磨き

歯磨きは水を出しっぱなしにせず、コップを使いましょう。

お風呂

シャワーは、こまめに止めましょう。水を1分流し続けると約12リットルがムダになると言われています。