1. P&Gジャパン40年
  2. 暮らしを変えた―P&Gのイノベーション
  3. 1988年 洗濯用洗剤「アリエール」

暮らしを変えた―P&Gのイノベーション

1988年洗濯用洗剤「アリエール」

暮らしが変わった!

「もっと白く洗いあげたい」お洗濯ニーズの原点にもどって、洗浄力で勝負

洗濯用洗剤「アリエール」(コンパクト型)が発売されたのは1988年。
「洗たく物を、白く洗い上げたい」という、お客様が洗剤に求める根本的なニーズに、真正面から取り組んで、競争の激しかった洗剤市場へのデビューに成功しました。当社の独自テクノロジー“汚れ分解システム”で、くつしたやそで口、黄ばみなど、落としにくかったしつこい汚れもすっきり洗いあげることが特長。洗い上がりに満足がいかず、もみ洗いや漂白剤など、ひと手間プラスしていた主婦の方々に、“白い洗いあがり”をアピールしてシェアを獲得。“洗浄力のアリエール”のイメージを確立しました。

アリエールはその後も新しい形、新しい機能で、お洗濯事情を変えていきました。

液体洗剤が広がるきっかけをつくった「アリエール ジェルウォッシュ」(2000年)

2000年に発売した「アリエール ジェルウォッシュ」は、当時珍しかったジェルタイプ。すぐれた洗浄力と、液体ならではの使い勝手の良さ―洗剤のとけ残りの心配がない、汚れが気になる部分に直付けできる、飛び散らないので洗濯機まわりが汚れにくい―が特長でした。この頃、洗剤といえば粉末タイプが主流。しかし、アリエール ジェルウォッシュの登場を機に、液体タイプの普及に弾みがつき、2000年には洗剤市場の約10%程度だったものが、2011年には粉末をしのいで、半数を超えるまでに成長しました。

液体洗剤が広がるきっかけをつくった「アリエール ジェルウォッシュ」(2000年)

アリエールはさらに、清潔への意識が高いお客様の“とことんきれいに洗いたい”というニーズに応えて、目に見える汚れだけではなく、干している間に発生する洗濯物のニオイにも取り組んできました。「アリエールイオンパワージェル 抗菌フレッシュ」(2011年)は、ニオイの元となる汚れや菌をしっかり落とし、菌の増殖を抑える抗菌防臭効果で、花粉や梅雨時期など、部屋干しでも気持ちいいお洗濯を提供しています。

P&Gのイノベーション