1. P&Gジャパン40年
  2. 暮らしを変えた―P&Gのイノベーション
  3. 2004年 柔軟剤「レノア」

暮らしを変えた―P&Gのイノベーション

2004年柔軟剤「レノア」

暮らしが変わった!

「衣類を防臭する」「香りを楽しむ」柔軟剤に新たな役割を与えた

“防臭できる”柔軟剤として、「レノア」が登場したのは2004年。
タバコ、汗、食べ物のニオイetc. ―
着ているうちに衣服についてしまう嫌なニオイを防ぐ、という新しい役割を柔軟剤に与え、新たな柔軟剤ユーザーを増やしました。

この「レノア」、布用消臭スプレー「ファブリーズ」の開発中にヒントを得てつくられました。主婦の皆さんにご意見を聞く中で “こんなニオイがいや!”と、皆が共感する具体的なシチュエーションが出てきたのです。例えば、ご主人の服にしみついたタバコのニオイ、お子さんの体操服のニオイ、何を食べたのか聞かなくても分かる焼き肉のニオイ。

これらはすべて、“洗える”ものについたニオイ。
“だったら、洗濯でニオイを落とした後、ずっと防臭しつづけられたら理想的。お洗濯の手間を増やさず、手軽にケアできればなおベター…”という発想から、柔軟剤に防臭システムを組み込む研究がスタート。完成した「レノア」は、発売後一ヶ月で約15%※のシェアを獲得するヒット製品になりました。

※P&G調べ

いつものお洗濯に香りの楽しみを

「レノア」は、柔軟剤にもう一つの転機を与えました。それは“香りを楽しむ”ということ。

2008年に登場した「レノアハピネス」は、「happiness=幸せ」という名前の通り、“毎日の暮らしに小さな幸せ”をコンセプトにした香り重視のシリーズ。レノアならではの防臭機能に加えて、天然抽出の香りエッセンスを配合。洗い上がりはもちろん、お洗濯している間も、香りを楽しんでいただく提案をしました。

レノアハピネス おひさまの香り/森林浴の香り(2008年)

2010年には、香り成分を包み込んだ“マジックビーズ”をレノアハピネスに配合。香りが欲しいときに、衣類をクシュクシュすると、マジックビーズがはじけて、香りを蘇らせるようになりました。

“マジックビーズ”を配合したレノアハピネス(2010年)

暮らしのいろいろな場面で心地よい香りを、という声に応えて、柔軟剤の枠を飛び出した製品も生まれました。2011年の「レノアハピネス 香りシート」、2012年の「レノアハピネス アロマジュエル」です。

「香りシート」は、シートに香りを含ませた製品で、クローゼットやタオル置き場などにしのばせておくと、開けたときや衣類を取り出すときに香りが楽しめます。

レノアハピネス 香りシート(2011年)

「レノアハピネス アロマジュエル」は、衣類の「香りづけ専用」というユニークな製品。使い方は、お洗濯の際に、洗剤と一緒に入れるだけ。使う量によって、香りの強さを自分好みに調整したり、柔軟剤と組み合わせて、自分オリジナルの“香りメーク”ができる、新しい楽しさを提供。発売後すぐ品薄になるほどの人気商品となりました。

衣類の香り付け専用製品 レノアハピネスアロマジュエル(2012年)

「柔軟剤で防臭」という新たな概念を生み出した「レノア」は、「香りのブランド」へと成長しながら常に新たな楽しみを提供してきました。「やわらかさ」で選んでいた柔軟剤から、「香りを選ぶ」柔軟剤へ。まさに“お洗濯習慣を変えた”柔軟剤ブランドです。

P&Gのイノベーション