1. P&Gジャパン40年

革新的な製品で、毎日の暮らしをよりよいものに。日本のお客様と歩んだ40年

P&Gが、日本で事業を開始して40年。
洗剤、紙おむつ、シャンプー、化粧品など、毎日の暮らしに欠かせない製品に、
新しい価値を与えるイノベーションを続けることで、
少しずつ、でも着実に、お客様の暮らしをよりよいものにするお手伝いをしてきました。

企業理念でもある「現在、そして未来のお客様の暮らしを向上する」ことへの情熱は、製品やサービスはもちろん、消費者起点のビジネス環境の整備やサステナビリティ活動など、P&Gがあらゆる場所で革新を生む原動力ともなりました。

私たちの“よりよい暮らしへの挑戦”は、40年を経て、まだ終わりはありません。これからも長きにわたって、日本のお客様やステークホルダーの皆様ととともに発展しつづけられるよう努力をつづけます。

P&Gジャパン  40年の歩み

海外で支持された新しい製品と暮らしを、日本のお客様に紹介した最初の10年。
そして日本のお客様と市場に学び、お客様の真のニーズに応える製品づくりで、業界屈指の企業へと躍進した次の10年。
厳しい経済環境や災害を乗り越え、様々なステークホルダーのご協力を得ながら、よりよい社会づくりに邁進してきた、1973年から今日までの40年間を振り返ります。

  • 1973-1982(昭和48~57年)
  • 1983-1992(昭和58~平成4年)
  • 1993-2002(平成5~14年)
  • 2003-2012(平成15~24年)

暮らしを変える P&Gのイノベーション事例

P&Gの日本での歴史 1973年~