1. シチズンシップ・リポート 2017
  2. 環境サステナビリティ
  3. 2020年中期目標と進捗状況

環境サステナビリティ2020年中期目標と進捗状況

※2017年6月30日現在/2010年を基準年とする

気候変動
目標 進捗
2020年までに当社施設によるエネルギー消費量を生産単位あたり20%削減する 達成済:2010年度比で22%削減
生産単位あたりのトラック輸送距離(km)を20%削減する 達成済:2010年度比で25%以上削減
2020年までに、温室効果ガスの絶対排出量を30%削減する 2010年度比で16%削減
当社工場での再生可能エネルギー使用を30%に引き上げる 利用率10%
消費者による洗濯回数合計の70%を、低エネルギーで行うようにする 67%
パーム油に関するコミットメントの実行 3つの戦略の柱に対して、引き続き進捗  
2015年までに、紙製品および吸収性のある衛生製品に使用するバージン木材繊維のすべてを第三者認証を得たものにする 100%達成済
2020年までにコストと規模が許す限りにおいて、主な石油由来の原材料を、再生可能材料に置き換える技術を確立する 当社が重点を置いている3つの材料区分のうち2つ(樹脂、洗浄剤)で完了。残る1つ(アクリレート)を調査中。  
水
目標 進捗
水効率のよい製品を10億人の消費者に提供する 世界で6億1千万人へ提供
生産施設における生産単位あたりの水使用量を20%削減。特に水不足地域における水の保全を中心に展開 達成済:27%以上削減
廃棄物
目標 進捗
2020年までに生産活動で出る廃棄物の埋め立て処理をゼロにする P&Gの生産施設の72%で達成
2020年までにすべての紙容器・包装に、リサイクル紙または第三者認証紙を使用する サプライヤーから報告された98%が条件をクリア
消費者1回使用あたりの容器・包装量を20%削減する 2010年比で約13%削減
プラスチック容器・包装におけるリサイクル樹脂使用を2倍にする 約34,400トンのリサイクル材をプラスチック容器・包装に使用。目標まで32%達成。
製品の容器・包装の90%をリサイクル可能にするか、リサイクル可能とするためのプログラムを用意する 86%達成済。さらにリサイクル可能とする強力な施策を実行中
固形廃棄物の埋め立て処理・単純廃棄を削減する方法を検討するために、先進市場と開発途上市場の両方で試験的研究を行う 社外パートナーと協働し、様々な試験的プロジェクトを実行