環境サステナビリティ

環境サステナビリティ
サステナビリティページへ

2020年までの目標

2010年、私たちは気候、水資源、廃棄物など、環境への負荷を削減する一連の目標と決意を表明しました。以来、私たちの事業は成長を続け、チームはより合理的で効率的な運用方法を開発してきました。2020年を締めくくるにあたり、2010年に設定した16の目標のうち、14の目標を達成できたことを誇りに思います。

2020年の達成事項の概要(英語)

Ambition 2030

二酸化炭素の排出削減、水資源保護の推進、再生電力への移行は始まりに過ぎません。2030年に向けた活動を2018年に見直し、目標を設定し直しました。そして、環境を元通りにし、よりより世界にすることを目指し、新たな目標設定および実践を打ち立てました。

It's our Planet. Our Home. And our window is now.

クリックすると各セクションへジャンプします。

Ambition 2030:プラスの影響をもたらすブランドへ

前例のない課題に直面している私たちのブランドは、社会の一員として責任ある消費を実現していきます。

幸せそうなおばあさん
ホームアイコン

目標:100%の主要ブランドが責任ある消費を推進

50億もの人々に商品を届けている私たちのブランドは、優れた品質の製品を通して消費者の方々に喜ばれ、会話を促進し、意識に影響を与え、行動を変えるきっかけとなり、社会と環境にポジティブな影響をもたらしています。
カスケードのロゴ

カスケードは、「Do It Every Night」(毎晩忘れずに)などのメッセージ性の強い広告キャンペーンを通じて、アメリカの何百万世帯の家庭での水の使用量を削減するべく、水資源の希少性を訴えています。

製造廃棄物を持っている人
ホームアイコン

目標:容器に使用するバージン・プラスチックの使用量を50%までに減らす

私たちのブランドは、製品容器をより持続可能なものにするために様々な解決策を追及しています。企業として、私たちは2030年までに容器の100%が再生可能または再利用可能なものにすること、そして2030年までに容器での石油でできたバージン・プラスチックを50%までに減らすことに取り組みます。私たちはすべてのブランドにおいて、循環型経済を実現するためのイノベーションを実践しています。
サステナビリティ:責任ある生活を実現のアイコン

2030年の目標:全世界で100%再生可能または再利用可能な容器を実現

Old SpiceとSecretの紙製パッケージの画像

「Old Spice」と「Secret」は、北米主要ブランドで初めて再生紙90%でできた紙製円柱型パッケージを採用しました。

アリエールのボトルの画像

来年、ヨーロッパの柔軟剤レノアは、透明ペットボトルにおけるポストコンシューマーリサイクル(PCR)率が100%に

H&Sの詰め替え可能なシャンプーボトル
ホームアイコン

もっと多くのボトルを詰め替えと再利用へ

ヨーロッパでは、P&G Beauty がパンテーン、オージー、ヘッドアンドショルダーズ、ハーバルエッセンスの製品で詰め替え可能なアルミニウムボトルを導入しました。また、標準的なシャンプーボトルよりプラスチック使用量を60%削減したリサイクル可能な詰め替え製品が、ボトルと一緒に展開されています。この新しい詰替システムは、ヨーロッパの2億世帯で利用可能となり、2021年から約3億本のバージン材プラスチックボトルの生産を止めることになると予測されています。
店内でのお買い物
ホームアイコン

目標:透明性を高めることで、さらなる信頼を築く

私たちは、消費者が透明性を高く評価していることを知っています。そのため、私たちは製品安全基準および成分についてラベル表記以上の情報を提供し、成分情報を共有するための信頼性の高いアクセス可能な新しい方法を常に模索しています。
iPhoneで見るAlwaysの包装のSmartLabelの画像

私たちのブランドのウェブサイトでは、これまで以上に成分情報を提供しており、原料として使用しているもの、していないものを容易に理解できるようになっています。北米では、2018年にSmartLabelで処方製品の成分表示を開始しました。2020年、私たちは製品の人工香料成分を0.01%まで減らすことで、透明性へのコミットメント*の拡大を達成しました。

製品安全性成分についてINGREDIENTS FOR GOOD(英語)

家庭での電力節約

洗濯機の電力消費の80%は、水の加熱によるものです。アリエールとタイドは、冷水で素早く優れた洗浄効果を実現することで時間、コスト、電力を節約しながら、人々が必要とする清潔さを手にすることできるよう、変化促進してきました。

私たちは、2010年に設定した「全世界の洗濯機の70%で2020年までにエネルギー効率を上げる」という目標を、2019年の時点で達成しました。

アリエールTURN TO 30の画像

Ambition 2030:フットプリントの削減と循環型ソリューションへの取り組み

私たちは、サプライヤー、バイヤー、製造拠点による環境負荷の削減に取り組んでいます。

  • 持続可能な素材を調達し、循環型ソリューションを推進するための新しいビジネスモデルを模索しています。
製造所で働く人
足跡のアイコン

目標:事業活動において、温室効果ガスの排出を50%削減

  • 全世界で100%再生可能な電力を購入し、P&Gの各拠点での温室効果ガス排出を半減させ、この10年でのカーボンニュートラルを実現

二酸化炭素排出に加え、さらにいくつかの面で環境への影響を削減:

  • 当社拠点における水効率を35%向上させ、少なくとも50億リットルの水を循環資源から調達する
  • 気候、水、または廃棄物の循環性を推進するために、サプライチェーンにおける重要パートナー最低10社との提携を促進
グリーン再生可能電力のアイコン

スコープ1および2の温室効果ガス排出量を2020年までに30%削減する目標を大幅に上回る52%の削減を達成

P&Gの廃棄物のアイコン

P&G生産拠点の100%が現在、製造工程で発生する廃棄物の埋め立てゼロを達成

森の画像
足跡のアイコン

目標:なくてはならない森林を保護し、拡大する

材木およびその加工製品は私たちの日々の暮らしに欠かせないものであり、気候変動に対処する役割も担っています。私たちは、ペーパータオル、トイレットペーパー、ティッシュ製品を、責任をもって管理された森林から調達した木材パルプから生産することで、より環境への影響が少なく、種の保存の危機にある生命を守り、森林に依存する地域社会にプラスの影響をもたらす森林保護を推進します。

材木を一本使用するごとに、私たちは少なくとも一本の木を再生しています。P&Gは、調達する100%の木材パルプが、責任を持って管理された森林を保証する主要な第三者認証システムによって認証されていることを要求しています。

FSCのロゴ
チャーミン・ウルトラソフトの画像

チャーミンは、Forest Stewardship Council® と Rainforest Alliance 認証を取得

Bountyの画像

アメリカとカナダで Forest Stewardship Council® の認証を受けた森林面積を増やすために、専門家と共同で取り組んでいます。

パーム油の生産者
足跡のアイコン

目標:既存の土地での生産量を増やし、小規模パーム油農家の生活を向上

パーム油は重要で汎用性が高く、効率性が高い再生可能な天然植物油です。料理、家庭用およびパーソナルケア製品、食品とバイオ燃料などに幅広く用いられています。世界でのパーム生産は、年間約8,000万トンに上ります。パーム油が主な原料であり、パーム核油は基本的には副産物です。P&Gが現在使用しているのは、現在全世界のパーム生産量の1%未満で、ほとんどはパーム核油です。

P&Gでは、人権および労働の権利を尊重しつつも、森林破壊につながることのない責任あるパームの調達を行っています。私たちは、持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)のメンバーとして、業界全体で責任ある活動を推進するためにその基準を支持し、積極的に活動しています。

責任あるパーム調達のポリシー(英語)パーム油調達のパートナー(英語)

世界のパーム油の約40%は、小規模農家によって生産されています。持続可能な農業の実践の促進と定着には、生活の質の改善とより広範囲に渡る環境に配慮したパーム油生産・供給の両方の可能性を秘めています。私たちは、マレーシアでのRSPO (持続可能なパーム油のための円卓会議)の小規模農家向けトレーニングを2015年以来支援しており、直近では新RSPO独立小規模農家標準(RISS)の達成に向けて取り組んでいます。

サステナブルなパーム生産への取り組みの詳細はこちら

Ambition 2030:人々、地球、ビジネスの繁栄のためのパートナーシップ

P&Gでは、二酸化炭素の排出削減、水資源の保護、廃棄物の再利用を可能にする、より多くの環境サステナビリティ目標を定めました。しかし、私たちだけでは達成できないことも分かっています。困難な問題を解決するには、コラボレーションが必要です。だからこそ、P&Gでは業界全体、そして世界全体に大きな影響を与えるためのパートナーシップの構築を重要視しています。

河川と森
地球のアイコン

目標:10年に渡るカーボンニュートラル

今後10年間は、大気中に放出される二酸化炭素を大幅に削減し、現在そして次の世代が健康的に過ごせる地球にするために、重要な期間となります。私たちは、この10年間カーボンニュートラルに取り組み、地球を守るための行動をとることで気候変動を抑制するための努力を加速させます。

P&Gの生産拠点で温室効果ガス排出を半減することに加え、私たちは残りの温室効果ガス排出にも自然の力を活用したNatural Climate Solutions(気候変動対策)のポートフォリオを強化して対応していきます。また、P&Gはコンサベーション・インターナショナル、世界自然保護基金、その他の気候専門家と密接に連携しながら、森林、湿地、草原、泥炭地の保護、改善、復元を目的とした様々なプロジェクトに資金を提供し、炭素貯蔵量を増やしたり、温室効果ガスの排出を回避するとともに、地域社会や経済の回復を支援します。

Natural Climate Solutionsの詳細はこちら(英語)

ブラジル大西洋岸の森林再生(英語)フィリピン・パラワンの保護(英語)カリフォルニアとドイツの森林プロジェクト(英語)
Alliance to End Plastic Waste
地球のアイコン

目標:パッケージが海に流出しないためのソリューションを開発する

P&Gでは、環境中のプラスチック廃棄物が河川や海洋に流出することについて、特に重大な問題であると懸念しています。これは複雑な世界的課題であり、この問題への対処は、プラスチックのライフサイクル全体に渡る、包括的で協力し合うアプローチが必要となります。P&Gブランド、サプライヤー、パートナーは様々な持続可能なソリューションに取り組み、プラスチックが回収、リサイクル、再利用されるべき資源として扱われる循環型社会を推進しています。

2019年、私たちは業界、政府、市民社会、開発機関と協力して、プラスチック廃棄物をなくすためのアライアンス(Alliance to End Plastic Waste)を設立しました。これは、プラスチック廃棄物が環境に流出するのを防ぐためのプロジェクトやプログラムに資金を提供し、具現化する取り組みを行う非営利団体です。
P&GのCEOであるデビッド・テイラーはアライアンスの初代会長を務め、現在では約50社のメンバー企業とバリューチェーン全体の支援者で構成されています。このアライアンスは、リスクのある100以上の都市で数百万トンのプラスチック廃棄物を削減し、数百万人の生活を改善し、循環型経済に貢献することを目指しています。

信頼できるブランド
地球のアイコン

目標:スマートパッケージングソリューションの構築

P&Gは、企業連合を率いて、電子透かし技術を使ってパッケージを「インテリジェント・オブジェクト」に変え、リサイクル業界では不可能とされていた選別効果を達成するためのテストを行いました。より早く、正確な分別はつまり、より多くのプラスチックがより高い品質で再利用されて循環型経済に戻るため、環境汚染の軽減につながります。

現在、85社以上が参加するHolyGrail 2.0のコンソーシアムは、欧州ブランド連合のAIMが推進しています。P&Gは HolyGrail 2.0のリーダーシップチームの議長を務めており、2022年初頭までにヨーロッパのテスト市場に参入することを目標としています。

HolyGrailのロゴ
レノアの見え方2
手を洗っている子供
地球のアイコン

目標:人々と自然のために水を守る

P&Gにとって、水は当社製品の生産と利用の両方において不可欠なものです。この10年間、P&Gのウォーター・スチュワードシップ・プログラムは、世界の水資源が直面している複雑な課題に対する理解を深めるとともに発展し、どこに最大の影響を与えることができるかを考えてきました。

私たちは、水資源保護プログラムを進める複数の方法に注力しています

  • 製造過程における水資源効率の向上
  • 家庭での節水を可能にする製品やキャンペーンのイノベーション
  • 私たちの保全活動を進めるパートナーシップ構築
AGUA CAPITALのロゴ
カスケード・プラチナム・アクションパックの画像

カスケード・プラチナム・アクションパックは、一回あたり20ガロン以上の水を節約します。**「Do It Every Night」(毎晩忘れずに)キャンペーンでは、手洗いに比べ食器洗浄機がどれほどの水を節約できるかを消費者に伝えています。

スイッファー・ウェットジェットの画像

スイッファー・ウェットまたはウェットジェットは標準的なモップとバケツの使用に比べて一年で70ガロンもの水の節約になります。

50L-Home logo

「50 Liter Home Coalition」により、家庭での水使用のあり方が生まれ変わります

P&Gでは、世界中の都市での水の使用方法を刷新するための実行可能なイノベーションを開発し、その規模を拡大する機会があると考えています。現在、先進国の平均的な家庭では、1日に1人当たり500リットルもの水を使用しています。家庭でのシャワー、洗濯、料理、食器洗いは、地球上の水供給の10%を消費しています。P&Gは「50L Home Coalition」を主導し、国内の水のバリューチェーン全体のパートナーを集めて、1日50リットルの水で、現在と変わらない感覚で生活できるようにするための技術やイノベーションを活用しています。

Ambition 2030:環境サステナビリティを職場に組み込む

ホームアイコン

私たちの組織は目標に向かって大きく前進していますが、これは主に社員の情熱と創意工夫によるものです。2030年までの目標を達成するために、私たちは社員および関係者を取り込み、また環境を整える必要があります。

P&Gの取り組みはさらに続く

P&Gのサステナビリティへの取り組みについて詳しく知るには、最新のシチズンシップレポートをダウンロードしてください。2030年目標に関する詳細については、Ambition 2030計画をダウンロードしてください。これは、環境サステナビリティ目標に対する進捗を進めるための過程の始まりに過ぎません。そして、取り組みを行っていきながら、継続して当社が提携すべきパートナーや取るべき行動を特定し、毎年進捗状況を共有していきます。

1880年代のBartlett Storeの画像

P&Gサステナビリティの歴史

環境サステナビリティの取り組みの歴史はタイムラインをご覧ください。

環境サステナビリティ推進における、日本での取り組みの最新情報をご覧ください

パンテーン、リサイクル可能な単一素材の詰め替えエコパウチ再利用可能なアルミボトルが誕生
パンテーンより10年以上の開発期間を経て実現したエコパッケージ リサイクル可能な単一素材の詰め替えエコパウチ再利用可能なアルミボトルが誕生

P&Gジャパン初、単一素材(モノマテリアル)を採用したリサイクル可能な「詰め替えECOPOUCH(エコパウチ)TM」と、耐久性に優れ再利用可能なアルミニウムを採用しプラスチック使用量を最小限に抑えた「アルミボトル」を、2021年10月23日(土)より全国で発売

すべての関連記事

目標の数値は全て、2010年からの進捗を表したものです。 *北米にて
**食器洗浄機使用前に食器をすすぐと、最大20ガロンの水を消費します。(出典: Energy Star energystar.gov)