1. ニュース
  2. トピックス

トピックス

東日本大震災で親をなくした子どもたちを支援
アイスショーで募金活動

2014年6月掲載

6月7~8日、幕張イベントホールでP&G特別協賛によるアイスショー「P&G Presents Fantasy on Ice 2014 in MAKUHARI」が開かれ、世界のトップフィギュアスケーターたちが華やかなパフォーマンスで観客を魅了しました。東日本大震災の被災地支援を続けているP&Gは、親をなくした子どもたちの支援活動に対する募金を呼びかけました。

P&G社員ボランティアによる募金協力へのお願いに、たくさんの方々が快く応じてくださり、募金額は41万856円にものぼりました。募金コーナーには、支援活動に賛同してくださった同アイスショー出演のフィギュアスケーターの皆さんからのメッセージ色紙もかざられました。

集まった募金に追加して、P&Gからも寄付をさせていただき、合計100万円を震災で親をなくした子どもたちをサポートする「あしなが育英会 東北レインボーハウス」(写真右)の運営費としてお贈りいたします。

募金にご協力賜わりました皆さま、ありがとうございました。

P&Gの東日本大震災に関する取り組み
P&Gは日々の暮らしを支える日用品を提供する企業として、大規模災害が起きた際は世界各地のP&G社員および社外パートナーと連携し、災害支援を行っています。東日本大震災に関しては「子ども支援」と「女性支援」を主なテーマに、阪神・淡路大震災に被災した自社の経験を活かして、刻々と変わる現地のニーズに合わせた活動を続けています。詳しい取り組みについては、こちらをご覧ください。