1. ニュース
  2. トピックス

トピックス

お客様相談室
ドラッグストアの販売員を目指す学生さんに出張授業

2017年2月掲載


ドラッグストアで医薬品などの販売にあたる“登録販売者”試験に合格した学生さんたちに、将来お店で扱っていただく製品を深く知っていただきたいと、1月19日、ハーベスト医療福祉専門学校(兵庫県姫路市)で、P&Gお客様相談室の社員2名が出張講義を行いました。

実験のパートでは、製品の効果を自身の目で確認していただくため、P&Gのスキンケアブランド『SK-Ⅱ』を使用したスキンケアの実験を実施。ふきとり化粧水を使用することで化粧水の浸透具合が異なることや、UV防止処理をしていない皮膚模型がUVライトを吸収していく様子には生徒さんから驚きの声があがりました。
また、パッケージには使用方法や取り扱い上の注意、質問窓口の案内など、売り場での接客で必要となる情報が記載されていることをご紹介。その後、生徒さんには店員を演じてもらいながら、お客様より質問を受けてから、パッケージの情報やお客様相談室を活用して、満足のいく回答をするまでの流れを確認いただきました。

授業について生徒さんからは「商品説明、実演を通して学んだことを今後の勤務で活用したい」、「お客様相談室の活用法を知る事ができて良かった。積極的に活用してお客様が満足できる接客を心掛けたい」など学んだ内容を現場で活かしたいとの感想をいただきました。

講師を務めたお客様相談室の横山裕和(よこやまひろかず)は、「皆さん、熱心に授業を聞き、実験や実習にも積極的に参加されていました。担当の先生からも、実際の現場で活かせる内容で満足だったとのお言葉をいただき嬉しく思います」と話しています。