P&Gは、7月 9日(金)から約6か月の間、使用済みプラスチックを回収する実証実験「MEGURU BOX(めぐるボックス)プロジェクト」に参画しています。このプロジェクトは、「九州エリアにおける資源の最適循環」と「持続可能社会の実現に資するビジネス創出」を目指す企業連合「九州サーキュラー・エコノミー・パートナーシップ(K-CEP)」が実施するプロジェクトで、10社以上の企業や北九州市が連携して資源循環の仕組み化を目指す取り組みです。

【使用済みプラスチック回収実証実験「MEGURU(めぐる) BOX(ボックス)プロジェクト」】について

福岡県北九州市内の流通小売店舗や公共施設等に、使用済みプラスチック容器・パウチを回収する「MEGURU BOX(めぐるボックス)」(右図イメージ)を設置し、住民に分別回収を呼び掛けます。期間中に、一部の製品プラスチックの回収も追加実施予定です。ICTの活用により資源回収の促進に向けた仕組み化を検証するとともに、回収したプラスチックの水平リサイクル(使用済みの製品を同じ用途の製品に再生するリサイクル方法)等を推進します。

MEGURU BOX (めぐるボックス)
MEGURU BOX (めぐるボックス)

プロジェクトのより詳しい内容は以下サイトでご確認ください。

https://www.j-cep.com/mb-kitakyushu-c

<P&Gと環境サステナビリティについて>
https://jp.pg.com/environmental-sustainability/

P&Gは世界最大の日用消費財メーカーです。たとえ一つ一つの製品が環境に与える影響は小さくても、事業規模と比例して当社の環境保全への責任は大きく、果たしうる貢献も大きいと考えています。

P&Gでは長期的に取り組むべき重点課題として、「環境サステナビリティ」に関する世界共通のビジョンを掲げています。資源を大切に使い、環境への負荷を最小限にする重点課題として、2018年には長期ビジョン「Ambition 2030」を策定し、「製品ブランド」「サプライチェーン」「社会」「社員」の分野での取り組みを進めています。