2022/6/14

LGBTQ+へのアライの輪を広げるP&G独自の「アライ育成研修」を社外向けに無償提供

P&G GABLE



P&Gジャパンのインクルージョンへの継続的な取り組み

人材はP&Gにとって最も重要な経営資源です。そのため、P&Gでは「平等な機会とインクルーシブな世界の実現(Equality & Inclusion =E&I)」を経営戦略の一環として掲げ、社員一人一人が自分らしく、自分の能力を最大限に発揮できる組織づくりに30 年近くにわたって取り組んでいます。

その取り組みは自社のみならず、社外に向けた啓発活動にも注力しており、2016 年には、社外啓発組織「P&Gダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」を発足、従来は社内向けだった独自開発の管理職向け「インクルージョン研修プログラム」の無償提供を軸に、他企業へのレクチャーなどと合わせ、これまでこれまで700社以上へノウハウを提供してきました。

社外活動:日本人5000人を対象にした全国調査の実施

P&Gは2021年に、15歳〜69歳の5,000人を対象に、LGBTQ+とアライに関する全国調査を行いました。「半数以上がアライの考え方に共感しつつ、共感しても行動しない理由の4割強は『身近にいない』『自分に何ができるかわからない』というものでした。知識があり、受け入れる気持ちがあれど、すでに身近に存在しているはずの当事者の存在に気づけていないなど、知識不足で行動に至れていない実態が明らかになりました。

LGBTQ+とアライ(理解者・支援者)に関する全国調査 P&Gジャパン

「アライ育成研修」開発と社外への無償提供

全国調査を背景として、LGBTQ+へのアライ(理解者・支援者)の輪を広げることを目的とした社外向け研修プログラム「アライ育成研修」を開発し、2021年5月より、企業や団体など社外への無償提供を開始しました。当初は社員啓発を目的に社内向け研修として実施していましたが、P&Gのこれまでの知見や失敗も含めた経験を社外に提供することで、誰もが自分らしく活躍できるインクルーシブな職場・社会づくりに貢献したいという想いから、プライドハウス東京の協力の下、社外のさまざまな方にも受講いただけるプログラムへと改編。現在までに40社・300名以上に提供提供いたしました。

講義とワークショップの 2 つのパートから構成されている「アライ育成研修」

【実施方法】
● 所要時間:約2時間(グループディスカッション含む)
● 実施形式:オンライン開催
● 対象:20人~30人

【プログラム構成】講義+ワークショップ
● 多様性・平等な機会・インクルージョンとは何か
● 「性の多様性」とは、知っておきたい基礎知識
● P&Gジャパンにおける事例紹介:今までの取り組みや注力分野、アライコミュニティ「GABLE」の設立
● 「アライ」とは:アライにできる5つのこと
● ワークショップ ※グループディスカッション
● アライが組織・社会にもたらすもの、P&Gアライ社員の実際の声
● 明日からのアクション

社外向けのアライ研修開催の様子

社外向けのアライ研修開催の様子