1. ニュース
  2. トピックス

トピックス

神戸まちづくりRIC基金20周年
P&G本社でシンポジウム開催

2015年10月掲載


「公益信託神戸まちづくり六甲アイランド基金」は、震災からの復興と未来への街づくりを行う非営利活動を支援するために、1996年、P&Gと積水ハウスが共同出資したファンドです。設立20周年を記念して、9月4日、同基金主催によるシンポジウムがP&G本社大会議室で開かれました。

この20年間で助成した非営利活動は累計600件、総額では4億2000万円にのぼります。シンポジウムには、平成27年度に助成をうけた34団体が参加しました。久元喜造 神戸市長からの祝辞の後、20年間にわたって、同基金とまちづくりを支援してこられた新野幸次郎 神戸大学名誉教授が登壇され「六甲アイランドを中心に神戸をさらに国際的かつ文化的な街にしたい、という委託者の熱い想いによりこの基金は設立されました。基金の助成を受けた団体のみなさんにその想いをぜひ知っていただき、神戸の発展のために共に尽くしていきたい」と話されました。

パネルディスカッションでは5つの助成団体の代表が、国際文化交流、街の美化、音楽活動など、多彩なアプローチで神戸の街とそこに暮らす人々の絆づくりに努めてこられた実績を紹介。互いの活動を学びあい、さらなる活動へと意欲を燃やしておられました。

パネルディスカッションに参加された団体

※Webサイトは外部サイトにとびます

CHIC

関西における国際コミュニティ支援団体。日本の文化や語学のレッスン、日本文化を体験するイベントやツアーなど、幅広い企画を通じて交流を図っています。

六甲アイランドを美しい街にする会

地域の人々や学校とも協力し、花いっぱい活動、クリーン活動、環境学習などを通じてマナーの向上と美しい街づくりを実践。

RIC音楽工房

震災後、仮設住宅に住む皆さんを元気づけるコンサートからスタート。地域の人々が音楽に親しみ、一緒に参加することで楽しいコミュニティ作りに貢献。

多文化と共生社会を育むワークショップ

国際交流、スポーツ、文化など多彩なワークショップやイベントを通じて、さまざまな国や文化と共生する社会の育成を目指しています。

あじさいコンサート実行委員会

心の復興をコンセプトに1996年から毎年1月にコンサートを開催。神戸を中心に評価の高い学校・園・団体が演奏を披露し、市民に定着しています。